理 念PRINCIPLE

理念

アクロスの介護予防(要支援者に対するサービス)SERVICE

介護予防とは単に高齢者の運動不能や栄養状態といった個々の要素の改善だけを目的とするものではありません。むしろ、これらの心身機能の改善や環境調整などを通じて、個々の高齢者の生活機能や参加の向上をもたらし、それによって一人ひとりの生きがいや自己表現のための取り組みを支援して、生活の質の向上を目指すものです。

(厚生労働省介護予防マニュアルより抜粋)

その基本的な考えを踏まえ、私たちデイサービスセンターアクロスは、

  1. [1] 運動や食事支援による「元気で長生きできる身体づくり」
  2. [2] 家で閉じこもりにならないための「やる気を引き出す支援」
  3. [3] 人と人をつなぐ「ふれあいの心」

この3つのテーマから、要支援状態となった地域の皆様をサポートしたいと考えています。
そして生活環境の調整や、地域の中で生きがい・役割を持って生活できるような居場所と出番づくりなどのアプローチを行い、利用者様が自分らしい生活ができる地域の実現を目指していきます。

アクロスの介護・機能訓練(要介護者に対するサービス)SERVICE

介護及び機能訓練は、利用者様一人ひとりの身体状況・生活状況を把握し、計画を立て実行するあなただけのケアです。利用者様ができることは自分で行い、出来ないことを職員がお手伝いする介護を実践しています。自分でできる部分を自分で行う事によって、心身の健康状態を維持できますよう工夫しています。

つまり、デイサービスセンターアクロスは、

  1. [1] 個別性を尊重した「あなただけのケア」
  2. [2] プライバシーに配慮した「あなたらしさを支えるケア」

上記二つを特に意識しながら介護を行なっていきます。
要介護状態となっても、安心して地域の中で生活できるよう、アクロスは支援いたします。

管理者ごあいさつMESSAGE

管理者/社会福祉士 大山 顕史

管理者/社会福祉士

大山 顕史

アクロスでは、介護保険の理念に沿って身の回りの世話や運動・食事、コミュニケーションなどを支援します。さらに計画の見直しを定期的に行う事で利用者様の状態にあった適切な支援を行えるよう心がけています。

健康は運動・栄養摂取・休息・コミュニケーションから成り立っていると考えていますが、アクロスでは「1日のプログラムは体にきつい」「長時間は苦手」という利用者様のニーズに応えて、 半日コースを用意するなど柔軟なサービスを実践しています。「最近、出歩くのがおっくうになってきた」「運動不足かも」「人と関わる機会が減ってきた」そのように感じたら、ぜひアクロスにご相談ください。

ページトップへ